ベースメイクをキレイに直したい・・・

メイク直しは、余分なものをすっきり取り去ることが
第一歩らしいです。


ファンデーションを塗る前の【 あぶらとり紙 】は
もはや常識らしいですね。


繊維を高密度にする【 金箔打紙製法 】と
肌に触れる面積を広げる【 立体格子構造 】で
つくられているオルビスのあぶらとり紙なら
余分な皮脂を素早く、しっかり吸収してくれるらしいです。


肌当たりもソフトらしいので
敏感な肌にも安心のようですよ。


肌にそっと押し当てるようにして使えば
ポイントメイクのにじみもないらしいです。


余分な皮脂をグングン吸収してサラ肌にしてくれるらしいので
暑い場所での困ったテカリの救世主になりそうですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。